\借り換えローンおすすめ1位/


今すぐ借りるなら1位はプロミス!
借入可能か簡単3秒診断は
>>こちらをクリック<<

トップページ

「毎月のお支払いが大変」
「もっと金利が安くならない?」

当サイトでは今すぐ既存のカードローンを借り換えたいけど、借り換えローンの審査が不安という方におすすめの借り換えローンをご案内します。即日融資・即日審査にも対応している大手消費者金融での借り換えローンの利用がおすすめ。利用者も多く安心・安全に借り換えできます。(※最短1時間融資)

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
借り換えローンランキング

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座があれば、手続き後10秒程度で入金。その他の銀行の場合平日14時50分までに手続き完了で振込融資、どうしてもという時でも22時(一部の店舗は21時)までなら自動契約機を使えば当日中に借りれます)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。

最短30分審査で即日融資。楽天銀行口座があればいつでも即時振込み。
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(楽天銀行の口座があれば24時間いつでもOK、14時までに手続き完了でその他の銀行でも振込融資)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦20歳以上の学生でもアルバイトやパートで安定収入があるなら借りれます。
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要
  • 最大30日間無利息
  • スマホでいますぐ書類審査の申し込みができます

【返済について】
アコムは、契約時の限度額に応じて毎月の最低返済額が変動します。限度額50万円で10万円借りた場合の毎月の返済額は3,000円以上となります。毎月払いだけでなく35日サイクルで払う方式もあります。

【必要書類について】
アコムは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「個人番号カード等」をご用意ください。
顔写真がない書類の場合は「住民票または納税証明書、公共料金の領収書」などの書類も必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。
お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

【必要書類について】
アイフルは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは顔写真ありの公的証明書類」が必要になります。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要です。

「家族にバレたくない」「旦那にバレたくない」「奥さんにバレたくない」とお悩みの方へ。借り換えローンのネット審査は、誰にもバレずに申し込みが可能です。郵送物無しで契約したいならプロミスの他にモビットもおすすめです。「極甘審査ファイナンス」と検索されることが多いのですが、どこかの業者さんなのでしょうか?極甘審査ファイナンスというものは存在しないので、今からお借り入れをご検討中の方は特に気になさらないで下さいね。

借り換えローンの基礎知識コラム

借り換えローンを利用すれば複数の借入れを1本化できるので毎月の返済額を減らしたり引き落とし日を1日にできるメリットがあります。



借り換えローンも一般のカードローンと同様に与信審査がありますが通常のカードローンよりも最低金利が高く、限度額が低いことが多いです。
銀行と消費者金融の借り換えローンの金利を比較すると銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スター銀行のりかえローン)ですが、消費者金融は6.3%から17.8%(プロミス借り換えローン)となっています。どちらの金融業者からおまとめローンを借りるとしても毎月の返済金額を下げるという事は返済期間が長くなるということです。


返済期間が長くなるということは支払う利息も多くなるので返ってトータルの返済金額は大きくなってしまいます。借り換えローンというローンは頻繁に利用するローンではありませんから利用を考えているほとんどの人が、わからないことだらけだと思います。



手続きに必要な書類や、返済方法などといった疑問は金融機関のHP上にある「よくある質問コーナー」に回答があります。借り換えローンを検討するべきか否かなどといった一般的な質問についてはインターネットで「おまとめローン よくある質問」と検索して探してみましょう。
情報サイトであれば消費者金融と銀行のそれぞれの良し悪しなどわかりやすく記載されていますし金利やサービス内容についても比較しているので金融機関のサイトでは得られない情報がゲットできます。
審査に通るポイントや、通らない人の傾向などこれから組もうとする方にとって非常に有益な情報が多いので借り換えローンを利用するなら、必ずチェックしておきましょう。多重債務者の為に提供されている借り換えローンですが利用件数が多すぎると審査に落ちてしまいます。融資を受けている件数は3社で安全圏内、5社ではNGと言われていますが審査に通らないと思われる人の救済策を考えてみましょう。最優先で行うべきことは現在までの返済状況の確認と借りている金融業者名と残高の確認です。

完済できる借入先は整理すれば審査に有利になりますから利用可能額をかき集めて返済できるローンを完済してしまいましょう。

借入件数が多い人でも遅延や滞納などのトラブルがなければ返済能力に問題ないとみなされ、審査通過の可能性がでてきます。
借り換えローンを利用することで利息を減らせると言われていますが、これは、低い与信枠のカードローンを複数借入れしているためです。


借り換えローンを組むことで利息が減らせるかどうかは事前にきちんと金利の計算をして確認しておくことが大切です。
おまとめローンのサービスがある金融機関では自社のホームページに返済シミュレーションを設けています。金融機関の金利や借入額を入力するだけで借り換えローンにした後の毎月の金利や返済額が即座に表示されるので簡単に比較できます。
消費者金融の借り換えローンよりも銀行の方が銀行ごとの金利差が大きいので銀行の借り換えローンを検討している人は返済シミュレーションで正確な金利計算をすることが大切です。借り換えローンは複数の借入れを1本化できるので返済日や残高の管理がしやすくなります。メリットが多く効率的なおまとめローンなのですがデメリットもありますから、事前にシミュレーションすることが大切です。
借り換えローンにも通常のカードローンと同様に審査がありますが借り換えローンだからと言って、審査が甘くなることはありません。
月々の返済額がキツくなったという人は長い目で見れば、支払総額が多くなるというデメリットがあることを忘れないで下さい。毎月の返済額が減ると生活に余裕が出来たと錯覚する人もいるようですでに返済が終わった業者から勧誘を受けると、再び借り入れてしまう危険もあります。借り換えローンという商品は埼玉りそな銀行にはありませんがおまとめに使える「フリーローン【りそなプライベートローンJ】」があります。
限度額は300万円までですが、金利は6.5%から14.0%に設定されていて最短2時間で審査回答という消費者金融のようなスピード審査も魅力です。銀行のキャッシングローンなので年収の1/3という制限はありませんし最低年収などのハードルもありませんから、アルバイトでも申し込むことが可能です。安定した継続収入がある人で満20歳以上完済時年齢71歳未満の日本在住の人なら申し込みができますが勤続年数が短いと落とされる可能性があります。
りそな銀行のフリーローンにはワンランク上の「りそなプレミアムフリーローン」もありますが申込時に収入証明書が必要になります

貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
平成29年9月30日現在
【全業者数:286】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

おすすめ1位のプロミス