\借り換えローンおすすめ1位/


今すぐ借りるなら1位はプロミス!
借入可能か簡単3秒診断は
>>こちらをクリック<<

トップページ

「毎月のお支払いが大変」
「もっと金利が安くならない?」

当サイトでは今すぐ既存のカードローンを借り換えたいけど、借り換えローンの審査が不安という方におすすめの借り換えローンをご案内します。即日融資・即日審査にも対応している大手消費者金融での借り換えローンの利用がおすすめ。利用者も多く安心・安全に借り換えできます。(※最短1時間融資)

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
借り換えローンランキング

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座があれば、手続き後10秒程度で入金。その他の銀行の場合平日14時50分までに手続き完了で振込融資、どうしてもという時でも22時(一部の店舗は21時)までなら自動契約機を使えば当日中に借りれます)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。

最短30分審査で即日融資。楽天銀行口座があればいつでも即時振込み。
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(楽天銀行の口座があれば24時間いつでもOK、14時までに手続き完了でその他の銀行でも振込融資)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要
  • 最大30日間無利息
  • スマホでいますぐ書類審査の申し込みができます

【返済について】
アコムは、契約時の限度額に応じて毎月の最低返済額が変動します。限度額50万円で10万円借りた場合の毎月の返済額は3,000円以上となります。毎月払いだけでなく35日サイクルで払う方式もあります。

【必要書類について】
アコムは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「個人番号カード等」をご用意ください。
顔写真がない書類の場合は「住民票または納税証明書、公共料金の領収書」などの書類も必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。
お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
4.5%~18.0%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

【必要書類について】
アイフルは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは顔写真ありの公的証明書類」が必要になります。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要です。

「家族にバレたくない」「旦那にバレたくない」「奥さんにバレたくない」とお悩みの方へ。借り換えローンのネット審査は、誰にもバレずに申し込みが可能です。郵送物無しで契約したいならプロミスの他にモビットもおすすめです。「極甘審査ファイナンス」と検索されることが多いのですが、どこかの業者さんなのでしょうか?極甘審査ファイナンスというものは存在しないので、今からお借り入れをご検討中の方は特に気になさらないで下さいね。

借り換えローンの基礎知識コラム


カードローンを利用して借りた金額は決まった返済日に支払いをしていきますが、一度に返済することも可能です。
この場合は当日までの金利が日割り計算されるため、全部を合わせた合計金額を支払います。


まだ支払い回数が多く残っていたら、一度に返す方法を選ぶと余分な金利を支払わなくて済みます。

一括返済できそうな時は、すぐに借りたお金は返済して、1円でも少ない金利に抑えましょう。初めて作ったクレジットカードのことは、いまでもよく覚えています。
社会人は持っていなくちゃとなんとなく思って作ったもので、22歳のときでした。

なんとなくの割に年齢だけは覚えています。それまでネットの買物は親のカードで決済していましたが、やっと自分のカードが使えます。


翌週、書留が届いているなと思ったら、先日のクレカでした。特に設定した覚えはないですが、クレカのキャッシング枠というのがあって、自分の月収より多い金額をカード1枚で借りれるんです。
財布の中に入れてから、なんとなく落ち着かず、不安に思いました。
一口にキャッシングと言っても銀行がサービスを行っているものと消費者金融があります。銀行系の借り換えローンは借入限度額が年収の3分の1という法律の規制がないので、配偶者が安定して稼ぎを得ているのなら、専業主婦でも現金を借りることができるでしょう。
業者の数が多く、さまざまな条件に対応しているのが消費者金融で、借りられる期間は短いものの、無利息のサービスを提供しているところもあり、すぐに返せる場合は、こちらを選ぶと良いでしょう。

あまり知られていませんが、学生でも成人済みで収入がある場合はキャッシングサービスを使ってお金を借りられるでしょう。


学生ローンなら未成年の借入もOKですし、借り換えローンに比べると低金利のところが多いです。あるいは、クレジットカードを作って、そのキャッシング枠で貸付金を融資してもらうことができます。しかし、どの方法を採るにしても、アルバイトなどで定期収入を得ていなければ借りられないことは覚えておいてください。返済の見込みもない学生に融資してくれるのは闇金や違法な業者しかありません。

銀行や消費者金融などの金融機関から借入金を融資してもらうことを借り換えローンといいます。
なお、キャッシング枠の付帯したクレジットカードでクレジット会社から借入を行う場合も借り換えローンといいます。
中でも、銀行系以外の借り換えローンサービスはノンバンク系借り換えローンと呼ばれ、銀行の借り換えローンサービスとは区別されます。

なぜなら、銀行のキャッシングと、ノンバンクのサービスでは、借り換えローンに関する法律が変わるからです。


銀行法に従って運営され、サービスを提供しているのが銀行で、それ以外の業者は貸金業法に則って運営されています。借り換えローンしたい時はどの金融会社を選択するがとても大切です。借入時及び返済時の条件が重要なのは当然ながら、金融会社の公式サイト等にある事柄だけに基づいて決断すると誤った選択につながることもあります。やはり金融会社の選定には一般の人の評判の高さも大切な要素ですし、口コミの批評なども考慮に入れて決めることが重要です。



意外にも、初めて借り換えローンに申し込む人より、かつて利用していたという人の方が評価が高くなります。当然ですが、滞納経験がない方に限ります。



これまでに借り換えローンを利用したことのない人は、債務が全くないわけですが、それはつまり返済能力を見ることができませんから、信用できる人物なのか見極めるのが難しいのも理由になっているようです。


利用の仕方でカードローンでも得があります。


それは無利息期間サービスの有効活用が大事です。


期間の長さはその業者によって変わってきますが、業者の多くが契約から30日間に設定していて、この間にいつ返済しても利息が全く掛からないのです。仮に、返済が終えてなくても、全ての利息が請求されるわけではありません。必要な利息は期間を終えてからの日数に対してのみです。近年、ローン会社のCMもよく見かけますが、それと連動するかのように、過払い金請求のCMも目にする機会が増えました。

カードローンや借り換えローンの利用経験なら私にもありますが、小額のリボ払いでしたので、専門家に相談するほど大それた額ではないでしょう。しかし「払い過ぎた額」というのは聞き捨てならないですよね。
戻ってくるお金があるのならいくら位になるのか気になります。


元は自分のお金なのですから。弁護士事務所にお任せでお金が戻ってくるなら、楽ですよね。
現在、利用している借り換えローン以外のサービスに契約の申請をした場合、条件次第では契約が成立しないことも珍しくありません。合わせて二社くらいの契約までは審査をパスできるかもしれませんが、それ以上増えていくと、新たな業者と契約できる確率は下がっていきます。



たとえ、総量規制にの対象にならない金額でも、契約した業者が多ければ多いほど、返済できなくなる恐れがあると判断され、審査にパスできなくなるようです。


銀行や信用金庫などそれぞれの金融機関により実際に借りることができる最高金額に違いがあり、数万円ほどの小口や即日などの融資だけでなく、300万円や500万円などの大きい融資についても状況により受けられるようになっています。


申し込みから融資をしてもらえるまでも迅速で、思った以上にスピーディーにお金を手にできるので、利用者の状況に合わせて使えるようになりました。それぞれの金融機関が発行しているカードで借りるのが今一番普通に利用されている方法でしょう。

貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
平成29年9月30日現在
【全業者数:286】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

おすすめ1位のプロミス