\借り換えローンおすすめ1位/


今すぐ借りるなら1位はプロミス!
借入可能か簡単3秒診断は
>>こちらをクリック<<

トップページ > 埼玉県

「毎月のお支払いが大変」
「もっと金利が安くならない?」

当サイトでは埼玉県で今すぐローンを借り換えたい方のために、審査が早いと評判の借り換えローンをご紹介しています。今日中にお金が必要なら、即日融資・即日審査にも対応している大手消費者金融での借り換えローンの利用がおすすめ。利用者も多く安心・安全に借り換えできます。(※最短1時間融資)

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
おすすめ借り換えローン

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座があれば、手続き後10秒程度で入金。その他の銀行の場合平日14時50分までに手続き完了で振込融資、どうしてもという時でも22時(一部の店舗は21時)までなら自動契約機を使えば当日中に借りれます)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。

最短30分審査で即日融資。楽天銀行口座があればいつでも即時振込み。
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(楽天銀行の口座があれば24時間いつでもOK、14時までに手続き完了でその他の銀行でも振込融資)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦20歳以上の学生でもアルバイトやパートで安定収入があるなら借りれます。
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要
  • 最大30日間無利息
  • スマホでいますぐ書類審査の申し込みができます

【返済について】
アコムは、契約時の限度額に応じて毎月の最低返済額が変動します。限度額50万円で10万円借りた場合の毎月の返済額は3,000円以上となります。毎月払いだけでなく35日サイクルで払う方式もあります。

【必要書類について】
アコムは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「個人番号カード等」をご用意ください。
顔写真がない書類の場合は「住民票または納税証明書、公共料金の領収書」などの書類も必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。
お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

【必要書類について】
アイフルは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは顔写真ありの公的証明書類」が必要になります。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要です。

「家族にバレたくない」「旦那にバレたくない」「奥さんにバレたくない」とお悩みの方へ。借り換えローンのネット審査は、誰にもバレずに申し込みが可能です。郵送物無しで契約したいならプロミスの他にモビットもおすすめです。「極甘審査ファイナンス」と検索されることが多いのですが、どこかの業者さんなのでしょうか?極甘審査ファイナンスというものは存在しないので、今からお借り入れをご検討中の方は特に気になさらないで下さいね。

借り換えローンの基礎知識コラム

銀行で、借り換えローンというサービスを提供しているところは少なく借り換えローンやフリーローンと言う名前の商品が多いです。銀行は総量規制がないため銀行の与信枠内に収まる範囲であれば追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融の借り換えローンというものは、総量規制の特例貸付が適用されますので返済専用のローンになります。銀行のフリーローンは事業用資金以外は使途に制限はかかりませんが消費者金融のおまとめは貸金業の返済だけにしか使用できません。

銀行の借り換えローンは消費者金融と比較して低金利で高額融資が可能ですが消費者金融の借り換えローンは最大金利が18.0%、最大融資額は300万円ですから、銀行と比較すると見劣りするのは否めません。ですが、消費者金融の借り換えローンならば比較的審査に通りやすいですし審査結果がスピーディーであることいったメリットもあります。


マイカーローンの返済期間は平均5年から7年とされていますのでショッピングローンとしては長い期間といえますが自動車は高額商品ですから毎月の返済額が高くなってしまうのは当然です。
その間に給料が下がったり転職などで収入が減ると毎月の負担が大きくなるのでマイカーローンを含めた借り換えローンを組むということも考えなければいけないかもしれません。
銀行の借り換えローンであればそれも1つの選択肢としてありだと思いますが消費者金融は、マイカーローンのおまとめはできないかもしれません。

なぜならば、消費者金融のおまとめローンというものは、「貸金業者」からの借金を1本化するためのものなので銀行から借り入れたマイカーローンは利用対象外となってしまいます。


信販会社で組んだマイカーローンもキャッシング枠ならば対象ですが通常のマイカーローンのようにショッピング枠で購入したのであれば利用することはできません。借り換えローンとは複数の借金を1つにまとめることで月々の返済額や利息の少なくするというメリットがあります。しかし、月々の利息を減らしたり返済金額を抑えることができても場合によっては、更に状況が悪化することになります。

借り換えローンを組めたとしても元本は変わりませんので毎月の返済額を今より低く設定すると返済期間が長くなります。返済期間が長くなれば支払う利息も増えますので返済する総額は、借り換えローンを組む前より多くなってしまうことは避けられないのです。
又、消費者金融の借り換えローンは返済型になりますので、追加融資はできないのですが銀行の借り換えローンはフリーローンが多いので追加融資が可能ですから借入額が増えるリスクも含んでいます。
借り換えローンを利用すると利息を減らすことができると言われていますが、これは、低い与信枠のカードローンを複数借入れしていることが原因です。
借り換えローンで本当に利息が少なくなるかどうかは申し込む前に金利の計算をして本当に得になるのかきちんと確認しておく必要があります。
借り換えローンという商品を扱っている金融機関では自社のホームページに返済シミュレーションを設けています。
金融機関の金利や借入額を入力するだけで借り換えローン後の返済額や返済増額が表示されるため簡単に比較できます。



消費者金融の借り換えローンよりも銀行の方が金利差が大きいので銀行の借り換えローンを検討している人は、まずは返済シミュレーションで正確な金利を計算しましょう。

何件もの金融業者から借り入れがあると借入残高を管理するだけでも一苦労ですね。


借入件数が多い人は与信限度額が低いために借入件数が増えたのだと思います。
金利の設定は借入限度額が高いほど低くなりますから借入先を1社に集中したほうが有利になります。

しかし、多くの金融機関では多重債務者は歓迎されませんから全ての借入れを完済する金額の融資を受けるのにはハードルが高すぎます。しかし、借り換えローンは多重債務者が一方的に有利になる借り換えなので積極的に利用することをおすすめします。借り換えローンを利用することで毎月の返済額を抑えたり引き落とし日を管理しやすくできるメリットがあります。借り換えローンもキャッシングローンなので審査がありますが借入金額が大きいために審査が厳しく通常のカードローンよりも金利が高い商品が多いです。

実際の貸付金利を銀行と消費者金融で比較jしますと銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スター銀行のりかえローン)ですが、消費者金融は7.70%から18.0%(アコム借換え専用ローン)となっています。

いずれの金融機関から借り換えローンの融資を受けるにしても月々の返済額を抑えるということは返済期間が長くなるという事です。
返済期間が長期化すれば加算される利息も多くなるので借り換えローンに借り換えるよりも返済総額は大きくなることは避けられません。

埼玉県の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
平成29年9月30日現在
【全業者数:286】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

おすすめ1位のプロミス