\借り換えローンおすすめ1位/


今すぐ借りるなら1位はプロミス!
借入可能か簡単3秒診断は
>>こちらをクリック<<

トップページ > 沖縄県

「毎月のお支払いが大変」
「もっと金利が安くならない?」

当サイトでは沖縄県で今すぐローンを借り換えたい方のために、審査が早いと評判の借り換えローンをご紹介しています。今日中にお金が必要なら、即日融資・即日審査にも対応している大手消費者金融での借り換えローンの利用がおすすめ。利用者も多く安心・安全に借り換えできます。(※最短1時間融資)

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
おすすめ借り換えローン

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座があれば、手続き後10秒程度で入金。その他の銀行の場合平日14時50分までに手続き完了で振込融資、どうしてもという時でも22時(一部の店舗は21時)までなら自動契約機を使えば当日中に借りれます)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。

最短30分審査で即日融資。楽天銀行口座があればいつでも即時振込み。
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(楽天銀行の口座があれば24時間いつでもOK、14時までに手続き完了でその他の銀行でも振込融資)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦20歳以上の学生でもアルバイトやパートで安定収入があるなら借りれます。
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要
  • 最大30日間無利息
  • スマホでいますぐ書類審査の申し込みができます

【返済について】
アコムは、契約時の限度額に応じて毎月の最低返済額が変動します。限度額50万円で10万円借りた場合の毎月の返済額は3,000円以上となります。毎月払いだけでなく35日サイクルで払う方式もあります。

【必要書類について】
アコムは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「個人番号カード等」をご用意ください。
顔写真がない書類の場合は「住民票または納税証明書、公共料金の領収書」などの書類も必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。
お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

【必要書類について】
アイフルは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは顔写真ありの公的証明書類」が必要になります。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要です。

「家族にバレたくない」「旦那にバレたくない」「奥さんにバレたくない」とお悩みの方へ。借り換えローンのネット審査は、誰にもバレずに申し込みが可能です。郵送物無しで契約したいならプロミスの他にモビットもおすすめです。「極甘審査ファイナンス」と検索されることが多いのですが、どこかの業者さんなのでしょうか?極甘審査ファイナンスというものは存在しないので、今からお借り入れをご検討中の方は特に気になさらないで下さいね。

借り換えローンの基礎知識コラム

借り換えローンは頻繁に利用するものではありませんから利用に際しほとんどの方が、わからないことだらけだと思います。


手続きの方法や必要な書類などはおまとめローンを行っている金融機関のサイト上にある「よくある質問コーナー」にて回答されています。



借金総額がいくらになったら利用したほうがよいかといった消費者目線の質問についてはインターネットで「借り換えローン よくある質問」と検索して探してみましょう。


情報サイトには消費者金融と銀行のおまとめローンのメリット・デメリットもわかりやすく記載されていますし金利やサービスの比較もされているので、手間を省くことができます。審査に通るポイントや、通らない人の傾向などこれから組もうとする方にとって非常に有益な情報が多いので借り換えローンの利用を考えている人はチェックしてみることをおすすめします。

銀行では、借り換えローンという商品は少なく借り換えローンやフリーローンが一般的かもしれません。銀行には総量規制がないので与信枠内であれば追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融は総量規制の特例貸付になりますので、返済専用となります。銀行のフリーローンの場合、事業用資金以外は使い途に制限はされませんが消費者金融の場合、貸金業の返済のみに限定されています。銀行のおまとめは消費者金融と比べた場合、低金利で高額融資なのですが消費者金融のおまとめはというと、最大金利18.0%、最大融資額は300万円ですから、銀行よりも条件は悪いことになります。しかし、消費者金融は銀行よりも審査に通りやすいとされていますし審査結果や融資までの時間が銀行よりも早いというメリットもあります。おまとめローンの手続きで一番手軽な方法はweb完結できるサイトを利用することです。手続き中に知り合いと出くわす危険もありませんし、土日祝日でも、曜日や時間に関係なく申し込むことができます。web完結と似た言葉にweb申し込みがありますが最初から最後までwebで行う事ができるのはweb完結です。申しこんでから審査結果が通知されるまではweb申し込みでも可能ですが契約は店舗に出かけたり必要書類を郵送するという方法になります。web完結なら曜日や時間に関係なく手続きができるだけでなく即日融資に対応している業者も多くあります。

借り換えローンはいくつもの金融機関から借金をしている人が借入先を整理するために新しい融資先を見つけて既存の借金を返済するためのローンです。一方で、借り換えローンはこれまでに借り入れていた金融機関の金利よりも低い金利のローンから借り入れて既存のローンを一括返済して新規ローンを返済していくというローンの乗り換えを意味します。

両者は金融上の定義づけは違うのですが、厳密に区別されるといったことはなく借り換えローンというサービス名で借り換えローンを提供しているといった金融機関も多いです。一般的に消費者金融は金利が高く、銀行は審査が厳しいと言われていますがどちらの借り換えローン・借り換えローンがお得かは目的によって変わるでしょう。



消費者金融の借り換えローン、借り換えローンは追加融資ができないのに対し銀行はフリーローンになっていることが多いので、通常のカードローンと同じように限度枠内なら好きなときに借入や返済が可能です。
住宅ローンを借りる際にカードローンを利用していると審査に不利に働くという話を聞きますが返済負担率に問題が無ければ、カードローンを組んでいても不利にはならないという意見もあります。そうはいっても、カードローンで借金している事実は変わりませんから可能な限りカードローンは住宅ローンの審査を受けるまでに解約しておきましょう。
複数の金融機関より借金をしているという多重債務者の場合は借り換えローンを利用して借金を1本化することが最優先です。借り換えローンを利用している金融機関で住宅ローンは不利になると思っている人もいると思いますがすでに取引がある金融機関で滞納なく返済していればプラス評価になります。
それに加えて住宅ローン利用者は優遇金利となる場合がありますから優良顧客という自信がある人は同じ金融機関で住宅ローン審査を受けることをおすすめします。テレビCMでお馴染みのアコムには借り換えローンに使える借換え専用ローンという商品名のキャッシングローンがあります。


消費者金融などの貸金業は総量規制が適用されますがおまとめや借り換えは総量規制の例外貸付が適用されるので対象外となります。
例外貸付とは利用者に有利なことが第一条件で借り換えローンの借入れを含めた借入額が年収の1/3をオーバーしてもOKな制度です。

借換え専用ローンは融資上限が300万円と通常よりも低めですが逆に最低金利は借換え専用ローンの方が高めの設定です。



融資金の使い途は消費者金融などの返済に限定されており貸付金額は元金の範囲内となります。

沖縄県の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
平成29年9月30日現在
【全業者数:286】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

おすすめ1位のプロミス